未分類

うまく活用するには

マーケティングオートメーションは非常に便利なシステムですが、とりあえず導入すれば成果が出るというものではありません。作業は自動的に行われたくさんのデータを集めてくれますが、人間がそれをうまく使えなければ意味がありません。例えば子供向けの商品開発を行う際に、マーケティングオートメーションを利用してデータを集めるとどうなるでしょうか。対象年齢の子供やその年代の子供を持つ親世代、祖父母世代に需要があるということがわかるでしょう。ですがそれくらいのことであれば、わざわざ調査しなくてもわかることです。何を知りたいのかを明確にしていないと、欲しいデータが集まるとは限らないのです。人間が手作業で行うときよりも、明確な目標設定が必要になります。

マーケティングオートメーションの運用にはお金がかかります。うまく使いこなせなければ費用ばかりかかって十分な効果が得られないということもあります。いきなり何も知らない人がマーケティングオートメーションを使おうとしても、ほとんどの場合うまくいきません。マーケティングについてある程度わかった人がシステムを最低限理解しなければ、利用するメリットはありません。思い切ってコンサルタントなどの専門家に任せてしまうのも一つの手段です。