未分類

利用できる機能

マーケティングオートメーションの機能はソフトによってまちまちですが、基本的な機能は共通して使えるようになっています。例えばメールマガジンを送信する場合、メールの文面を作成する必要があります。用意されたテンプレートを元にして必要な情報を追加したり、送信時間の予約をすることが可能で、送信したメールに対してどのような反応があったか分析し次回のメールマガジンに活かすことができます。

メールやホームページを閲覧している人は、今後商品を購入する可能性のある見込み客と見なすことができます。この見込み客に商品を購入してもらうことが、マーケティングの目的です。そのために重要なのがセグメンテーションやスコアリングです。セグメンテーションはその人の職業や住んでいる地域、行動などの情報を元に、顧客をグループ分けすることです。スコアリングは見込み客が商品にどれだけ興味を持っているか、購入してくれる可能性があるか、その商品にどれだけ注目が集まっているかなどの情報を数値化する機能です。これらの機能を活用することで、市場のニーズを把握した商品開発やターゲットを絞った宣伝を行うことができ、最適な販売を行うことが可能になります。他にもたくさんの機能がありますが、基本的なものだけでも十分な場合もあるので、必要に応じてソフトを選びましょう。