未分類

うまく活用するには

マーケティングオートメーションは非常に便利なシステムですが、とりあえず導入すれば成果が出るというものではありません。作業は自動的に行われたくさんのデータを集めてくれますが、人間がそれをうまく使えなければ意味がありません。例えば子供向けの商品開発を行う際に、マーケティングオートメーションを利用してデータを集めるとどうなるでしょうか。対象年齢の子供やその年代の子供を持つ親世代、祖父母世代に需要があるということがわかるでしょう。ですがそれくらいのことであれば、わざわざ調査しなくてもわかることです。何を知りたいのかを明確にしていないと、欲しいデータが集まるとは限らないのです。人間が手作業で行うときよりも、明確な目標設定が必要になります。

マーケティングオートメーションの運用にはお金がかかります。うまく使いこなせなければ費用ばかりかかって十分な効果が得られないということもあります。いきなり何も知らない人がマーケティングオートメーションを使おうとしても、ほとんどの場合うまくいきません。マーケティングについてある程度わかった人がシステムを最低限理解しなければ、利用するメリットはありません。思い切ってコンサルタントなどの専門家に任せてしまうのも一つの手段です。

未分類

利用できる機能

マーケティングオートメーションの機能はソフトによってまちまちですが、基本的な機能は共通して使えるようになっています。例えばメールマガジンを送信する場合、メールの文面を作成する必要があります。用意されたテンプレートを元にして必要な情報を追加したり、送信時間の予約をすることが可能で、送信したメールに対してどのような反応があったか分析し次回のメールマガジンに活かすことができます。

メールやホームページを閲覧している人は、今後商品を購入する可能性のある見込み客と見なすことができます。この見込み客に商品を購入してもらうことが、マーケティングの目的です。そのために重要なのがセグメンテーションやスコアリングです。セグメンテーションはその人の職業や住んでいる地域、行動などの情報を元に、顧客をグループ分けすることです。スコアリングは見込み客が商品にどれだけ興味を持っているか、購入してくれる可能性があるか、その商品にどれだけ注目が集まっているかなどの情報を数値化する機能です。これらの機能を活用することで、市場のニーズを把握した商品開発やターゲットを絞った宣伝を行うことができ、最適な販売を行うことが可能になります。他にもたくさんの機能がありますが、基本的なものだけでも十分な場合もあるので、必要に応じてソフトを選びましょう。

未分類

マーケティングオートメーションの効果

マーケティングオートメーションを導入することによって、企業にはどんなメリットがあるのでしょうか。ポイントは自動化されていることによって、人が関わる必要がほとんどないということです。そのため、マーケティング業務を行う人員を削減することが可能です。メール送信などの単純作業はもちろんデータ分析なども可能なので、ソフトにできる部分は任せてしまい人間は他の業務に集中することができます。

もう一つのメリットは、自動化により人為的なミスが減らせることです。人為的なミスは0にすることが難しく、ミスを無くすためには確認作業など多くのプロセスが必要になります。ミスをしても気付かなかったり、どの部分でミスをしているのか確認するのも大変です。マーケティングオートメーションを利用すればミスが減らせるので、短い時間で今までよりもたくさんの業務を行うことができます。ミスのない精度が高いデータを得られる上、人間では難しい調査も可能になるので、質の高い調査を行うことができます。人為的な調査が必要な部分は今まで通り行えばいいだけなので、あまり目立ったデメリットはありません。正しく使いこなせなければ無駄になってしまうので、ある程度の勉強や明確な目標の設定などは必要です。

未分類

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションという言葉を聞いたことはあるでしょうか。マーケティングというのは市場調査などを行い顧客のニーズを把握することを指します。今まではマンパワーで行っていたこの業務を自動化することで作業の効率化を図るというの目的で作られたのがこのマーケティングオートメーションです。

例えばある企業が新製品の開発を行っているとします。売上を伸ばすためには開発にあたり、ユーザーのニーズを調査する必要があります。そこで所持しているリストを元にメールマガジンなどを送信し、どんな人がメールを見てくれたか、メールのどの部分に興味を持ったかなどを調べます。そのデータを元にして、その人がどのようなことに興味があるのか、どんな商品が欲しいのかなどを調査していきます。通常はこれを人力で行いますが、メールの送信やリストの作成、データの分析などを全て自動的に行えるソフトのことをマーケティングオートメーションと言います。

一見難しそうなシステムですが、作業効率を上げてくれる非常に有用なものです。すでに海外では広く利用されていて、特にアメリカではたくさんの企業がマーケティングオートメーションの開発や提供を行っています。アメリカでは業務は分野ごとに専門家が担当することが多く、マーケティングはコンサルティングの専門会社に任せるのが一般的です。そのような事情もあり、マーケティングオートメーションに関しては先進国であると言えます。日本でも今後広く導入されるようになると考えられます。